【まとめ】男性の国内旅行・海外旅行・海外出張の持ち物リスト。

f:id:mashlife2018:20190726114830j:plain

1泊2日や2泊3日の国内旅行、1週間から2週間の海外旅行・海外出張へ行くときには、忘れ物が無いように準備しますよね。

私も前日にはGoogle検索で調べて、忘れ物が無いかを確認しています。毎回毎回検索するのも面倒だな〜と思い、個人的な持ち物リストを作成しましたので紹介します。

 

国内旅行

国内旅行の必須の持ち物リスト
  • 肌着×2
  • シャツ×2
  • (春・秋)カーディガン
  • (春・秋・冬)セーター・薄手のコート
  • (冬)厚手のコート
  • (冬)タイツ
  • ズボン
  • 下着×2
  • 靴下×2
  • ハンカチ×2
  • 圧縮袋×2
  • ベルト
  • 財布(クレジットカード1枚、現金約3万円、運転免許証、保険証、交通系電子マネー)
  • 携帯電話・充電器
  • 自宅の鍵

 

とにかく荷物を少なくして旅行に行きたいときはコレ。国内旅行で上記の物があれば、不便さはあるものの問題無いです。

3日以上の旅行の場合、当日着た服は毎日手洗い洗濯し、2着を着回します。

初日に着ない服・着終わった服は圧縮袋へ入れて極力コンパクトします。財布の中身も、最低限必要な現金とカード類だけに絞り、小さく小さくします。

もし困ったときには、日本国内なので現地購入することで十分乗り切れますが、あったら便利な持ち物は次のリストです。

 

国内旅行のあったら便利な持ち物リスト
  • 整髪料(小さいケースへ入れる)
  • 保湿薬(小さいケースへ入れる)
  • 目薬
  • 常備薬
  • リップクリーム
  • 日焼け止めクリーム
  • ポケットティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • 汗拭きシート (夏は必須)
  • ビニール袋 (濡れたものや汚れたものを入れる)
  • たためるトートバック (お土産等で荷物が増えたときに使用)
  • 折りたたみ傘
  • デジタルカメラ、充電器、予備バッテリー
  • Wimax、充電器
  • アメ・ガムなどのお菓子

ちょっとしたときに役立つのがビニール袋。コンビニ等で何かを買えばもらえますが、急に必要になったりします。

 

海外旅行・海外出張

f:id:mashlife2018:20190726114421j:plain

続いて海外旅行・海外出張での持ち物リストです。

これまでに10~20カ国ほどの国に訪れています。海外一人旅、海外グループ旅行、海外一人出張、海外グループ出張の経験をもとに、個人的に必須のもの、あったら便利なものをまとめました。

 

身につけるもの・手荷物カバンへ入れるもの

まずは、常時身につけるものと手荷物カバンへ入れるもののリストです。言い換えると、スーツケースには入れないものになります。

  • 航空券
  • 航空券のコピー (搭乗手続きや入国審査において、帰りの航空券や滞在先ホテルを確認されることがある)
  • パスポート(残存有効期間とビザ確認。常に持ち歩く)
  • パスポートのコピー
  • ホテル予約確認表
  • ホテル予約確認表のコピー(ホテル名・住所・地図・電話番号。タクシーや迷子のときに人に見せる)
  • 訪問先情報のコピー(訪問先名称・住所・地図・電話番号。タクシーや迷子のときに人に見せる)
  • 財布
  • 小銭入れ
  • クレジットカード2枚
  • 日本円現金 (3~5万円程度)
  • 現地通貨の現金 (3~5万円程度、レートは悪いが、日本の空港で換金しておくと安心。)
  • 国際運転免許証 (あれば)
  • 運転免許証
  • 海外旅行保険証
  • 証明写真 (パスポート紛失時用)
  • 運転免許証のコピー (紛失時用)
  • 携帯電話
  • 携帯電話の充電器
  • デジタルカメラ
  • デジタルカメラの充電器
  • SDカード予備
  • 電源変換プラグ (ユニバーサルタイプ)
  • 着る服一式
  • 歩きやすい靴
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • マスク×2以上 (往復の飛行機内で使用)
  • アイマスク・耳栓
  • 首枕・機内用スリッパ
  • 綿棒・絆創膏
  • ウェットティッシュ
  • 電動ひげ剃り(リチウム電池の場合)
  • ボールペン (入国書類等を記載のため)
  • 訪問国ガイドブック
  • 文庫本
  • 自宅の鍵・スーツケースの鍵

 

航空券・パスポート・ホテル予約確認表のコピーは、ホッチキスで閉じておくと便利です。

あと忘れがちなのが手荷物へのボールペン。入国の書類を飛行機内で書いておかないと、入国審査の行列に素早く並べないので、貴重な滞在時間が短くなってしまいます。

 

スーツケース(預け入れ荷物)へ入れるもの

続けて、スーツケースに入れ、空港チェックインカウンターで預ける荷物です。

  • 予備財布と現金 (緊急時用) 
  • 下着×3以上
  • 肌着×3以上
  • シャツ×3以上
  • ハンカチ×3以上
  • (春・秋)カーディガン
  • (春・秋・冬)セーター・薄手のコート
  • (冬)厚手のコート
  • (冬)タイツ×2以上
  • ズボン×2以上
  • 圧縮袋×3~4以上
  • パジャマ上下
  • 整髪料・ワックス(小さいケースへ入れる)
  • 保湿薬(小さいケースへ入れる)
  • 目薬
  • 常備薬
  • リップクリーム
  • 日焼け止めクリーム
  • ポケットティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • 汗拭きシート
  • ビニール袋
  • ファスナー付き袋(領収書入れ用)
  • 折りたたみ傘
  • ハンガー、洗濯バサミ(宿での洗濯用)
  • 汗ふき用タオル
  • アメ・ガムなどのお菓子
  • サングラス (紫外線対策・目線を隠せるためキョロキョロしていても目立ちにくい)
  • 水着 (海や温泉へ行く場合)
  • ハサミ・毛抜き・爪切り・耳かき
  • クシ
  • クリアファイル(パンフレット等を入れる用)
  • シャンプー (小さなボトルへ入れる)
  • ボディーソープ (小さなボトルへ入れる)
  • コンディショナー (小さなボトルへ入れる)
  • 洗顔料 (小さなボトルへ入れる)
  • ファブリーズ (小さなボトルへ入れる)
  • うがい薬
  • 懐中電灯 (停電や暗闇を出歩く場合等)
  • 輪ゴム (なにかあったときのため)
  • クリップ (なにかあったときのため)
  • 双眼鏡 (必要に応じて)
  • チェーンロック・南京錠 (宿に荷物を置いて行く場合に括り付ける用)
  • 栄養補助食品(ビタミン剤等)
  • 非常食(カロリーメイト、お菓子等)
  • 緊急連絡先情報(大使館の住所と連絡先、クレジットカード盗難時の連絡先、クレジットカード発行会社名(日本語と英語で)、クレジットカード番号、家族の連絡先など)

 

シャンプーやボディーソープなどは、ジップロックのように密閉できる袋に入れておくのが安心です。蓋が空いてしまい、スーツケースの中がベタベタに…なんて最悪ですね。 

 

海外出張の持ち物リスト

f:id:mashlife2018:20190726114432j:plain

さらに続けて、通常の海外旅行の持ち物に加え、仕事で海外に出張する場合に必要な持ち物です。 

  • 肌着×日数分
  • Yシャツ×日数分
  • スーツ上下×2以上
  • 下着×日数分
  • 靴下×日数分
  • ハンカチ×日数分
  • (冬)コート、マフラー、手袋、帽子、腹巻き、レッグウォーマー、ネックウォーマー
  • スーツ用ベルト
  • 革靴
  • 革靴手入れ用品
  • ネクタイ
  • ネクタイピン
  • 腕時計
  • 会社パソコン
  • 会社パソコンの電源コード
  • 会社携帯
  • 会社クレジットカード
  • HDMI変換アダプタ
  • モバイルWiFi一式
  • 筆記用具
  • ノート
  • 名刺(カバンへ)
  • 名刺予備(スーツケースへ)
  • 業務資料
  • クリアファイル
  • 訪問先への手土産 (東京・京都等の、好き嫌いの無さそうな日本のお菓子。抹茶味のラングドシャが喜ばれたことがあります)

 

肌着や下着は自分で手洗い、Yシャツはホテルにクリーニングを依頼するのも良いですが、日数分持っていった方が時間短縮でき、海外出張をより有意義なものにできると思います。

革靴は、購入したときの箱に入れて、スーツケースへと入れます。箱の隙間には新聞紙や、革靴手入れ用品などを入れておくと、ホテルでは手際良く仕事の準備ができます。

 

 

以上、男性の国内旅行・海外旅行・海外出張の持ち物リストでした。

それでは忘れ物なく、良い旅を!